読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肉よさらば

アニメの感想とかゲームの感想かくチラシ裏

アニメ感想(機動戦士ガンダムユニコーン)

 

機動戦士ガンダムユニコーン(全7話)

 ガンダムの正史と呼ばれる宇宙世紀シリーズの完結作。劇場版だけあって毎回新しいBGMや絵が出てたりして楽しめる要素が多かった。蛇足ともいえるが続き扱いなのでファーストガンダムの設定を色濃く受けていた。実際に数人でてくるしね。壮大な音楽とともに活躍するユニコーンガンダムや敵モビルスーツの戦闘はかなり恰好いいがバトルシーンはメインではなく、冨野作のガンダム特有の現在のシオニズム(イエルサレム回帰)運動を投影した争いへのメッセージと特別な力を与えられたものの責務、そして新しい世代への希望に比重が置かれている。大体語りがメインだった。

 トンデモ設定と様々な思惑と主義が入り混じっているので、ノートにでもメモしていかないと関係がわかりづからかった。主人公は最後まで女の子の尻を追い掛け回してるだけだったが、自分の生き方が確立していて熱い言葉を連呼してくるので心が打たれる。個人的にはマリーダさんとマスターの関係が好きだった。

 


Aimer ReI Am 『歌詞あり』 - YouTube